プロフェッショナルの転職−外資系、経理−

転職でキャリアアップ!注目サイト一覧

    外資と国内の美容部員さん

    百貨店で国内メーカーの美容部員をしていた時に、外資系メーカーの美容部員さんとよく休憩をご一緒させて頂いていました。外国製の化粧品は香りを重視されているものが多くあって、外資系美容部員さんはいつも香水をつけていらっしゃいました。私の所属するメーカーも香水を置いていていつもつけていましたが、外国製の香水とは香りの出かたが多少異なっているといつも感じていました。香るか香らないかといった微妙なものが国産の香水の特徴かと個人的に分析したりしていました。
    化粧品業界の表舞台は華やかで、制服は商品アピールと同じくらい宣伝効果のあるものと思っていました。季節ごとに変わり、短いサイクルで新種のデザインの制服になり、お客様にも見て楽しんで頂けるものであったと思っていました。ここでも国内メーカーと外国のメーカーとではその様子が異なっているように感じていました。外国のメーカーは色でたとえると原色のイメージではっきりとしたデザインのものが主流のようで、国内メーカーはパステルカラーのイメージでやわらかいデザインが主流であるような印象でした。化粧品売り場に行ったときには、美容部員の制服もぜひ眺めて頂けたらと思いました。

    転職を検討しよう!おすすめリンク一覧

    Copyright (C)2018プロフェッショナルの転職−外資系、経理−.All rights reserved.